モノづくりの環境


北海道の大自然の中、大きな空と大地に囲まれて、

夏には薪を割り、冬にはストーブを囲んで・・・

そんな誰もが羨む環境なんかではなく、市街地、

それも住宅街のど真ん中。

工場と住居が一体となった昔ながらの建物で作業

をする。

昔は周りも工場だった。

時代の変化と共に取り残され、今ではすっかり住

宅街へと変わり、この工場だけになってしまった。

薪を割っている余裕なんか無い。




















































冬には製作で出た端材、木くずを燃やし暖を取る。

燃やせど燃やせど温かくはならずに、翌朝にはバケ

ツの水が凍りつく程の寒さに凍える。

過酷な環境だけれど、自分たちの造ったもので喜ん

でくれる人がいるから続けられる。




























































名 称  工房 灯のたね

住 所  〒〇七〇-〇〇二七

     北海道旭川市東七条二丁目四の十四

電 話  〇一六六‐二四‐二四四七

FAX  電話と同じ

メール  akarinotane@gmail.com




































































  つくるってコト


  つくっているヒト


  つくっているモノ


■ つくっているトコロ













  つながっているコト


  つくるためのコト



















  PL保険


  PSE